仮想通貨のネムとは。

仮想通貨の一種であるネムは、2015年に公開されました。ネムはローマ字表記にするとNEMと表され、New Economy Movementの略になります。

 

意味としては、「新しい経済に革新を与える物」という意味になります。

仮想通貨の中でも画期的なプロジェクトになっています。また、ネムは仮想通貨の中の時価総額ランキングでも10位以内に入るくらい投資家に人気の仮想通貨の一種ですとなっています。ネムの開発者の中に、日本人も関わっているということもあり、今後日本でもメジャーになると見込まれています。

 

仮想通貨単位は、ビットコインであればBTCと英語の頭文字を取りますが、ネムの場合は頭文字を取ったNEMではなく、XEMという単位になっています。ここは大きな違いの1つでなのかもしれません。

 

そして、ネムの総発行数量は全体8,999,999,999XEMとなっています。既に現段階でネムは発行されていますので、投資家の約1,600人に均等に分けられています。すなわち、ビットコインのようなマイニング(採掘)という概念がないのです。

 

仮想通貨においてビットコインのマイニングは、資金力がある投資家が基本的に有利と言われていますが、ネムの場合、一定の投資家に偏らないよう、アルゴリズムというものが採用されています。それをPoIと言い、残高や、取引実績からスコアリング化されます。ネムを使い、多くの取引をされている方が、恩恵を多くもらえる仕組みなのです。

 

ネムのマイニングの概念は、ハーベスティング(収穫)と呼ばれていて、悪意のあるユーザーには使用できないようになっています。すなわちセキュリティの高さも実証されているのです。全体的な評価からみても高く、これからより使いやすく安全性の高い仮想通貨としてネムは注目されていくことでしょう。

2017年一躍時の人となった仮想通貨ライトコインとは何なのか?

ライトコインは、Charlie Lee氏が開発し2011年に公開された仮想通貨です。
仮想通貨の中でビットコイン、イーサリアム、リップルについで第4位の時価総額を持っています。

 

ビットコインを模倣して作られたと言われています。
基本的なシステムはビットコインと似ていますがビットコインとは違う特徴もあります。

 

ライトコインはビットコインの数倍のコインを発行しています。
ビットコインが21000なのに対してライトコインは84000です。
この事からも分かるようにライトコインはビットコインよりコインを発掘しやすい仮想通貨だと言えます。

 

そしてライトコインとビットコインの決定的な違いは、決済スピードの違いです。
ビットコインが数十分かかるのに対してライトコインは2分前後の決済が可能です。

ライトコインの価格はどうか?というとここ数年は目立った動きをみせていませんでしたが2017年に入って急騰しています。

 

その原因はSegWitです。
SegWitとは仮想通貨の取引処理能力を大幅にアップさせる技術のことです。
SegWitはビットコインの取引処理能力不足(決済スピードの遅さ)を改善する切り札と見られています。
そしてビットコインは、SegWitを採用することを検討しているようです。
そのビットコインの動きに先駆けてライトコインがSegWitを採用するのではないかという情報がライトコインの価格を急騰させている原因のようです。

 

そして今現在ライトコインのSegWit導入を決める投票が75%の支持を集めているようです。SegWitの導入は決定的と見られています。

皆さんが知りたいライトコインは今買いなのか?買いじゃないのか?ですが私は自信を持って買いだと思います。
2017年は、ライトコインから目を離すと後悔すると思います。

イーサリアムとビットコインの違いについて

イーサリアムは、今話題のビットコインと同様に、仮想通貨のひとつとして取引されているものです。
仮想通貨を取引されている方は、まずはビットコインから始められる場合が多いかと思いますが、そうした中でイーサリアムにも興味を持つ方もいるでしょう。

 

しかし、イーサリアムと言ってもよく分からず、ビットコインと何が違うのかという疑問を抱かれるのでなないでしょうか。
そこで、今回は、イーサリアムとビットコインの違いについて紹介するので、参考にして下さい。

 

イーサリアムは、基本的にはビットコインと同様の仮想通貨として、取引所を通じて買ったり売ったりすることができます。
しかし、その中で一つ大きな違いがあります。
それは、スマートコントラクトという機能が付加されているというものです。

 

スマートコントラクトというのは、イーサリアムの売買に関するすべてのデータが全自動で保存される機能の事です。
例えば、誰から誰にいくら分の取引がいつ行われたかというようなデータが、全て正確に記録されていきます。
これにより、ビットコインで発生した不正取引などのリスクを抑えることができるのです。

 

イーサリアムを通じたすべての取引が記録されることで、不正の入る余地をなくし、クリーンな仮想通貨を生み出したということです。
イーサリアムが持つこの特徴は、イーサリアム自身がこれから普及していくうえでも強みになるものでしょう。

 

ですから、イーサリアムに興味がある方は、積極的に取引してみてはいかがでしょうか。
イーサリアムを取り扱っている取引所には、大手企業が出資していて透明性の高いbitflyerがあり、オススメですよ!

賃貸アパートを賢く見つけるためのポイント

初めて上京して一人暮らしを始めるにあたって、まず住む場所を探さなければなりません。これはかなり大仕事であり、特に土地勘が全く無い場所で賃貸物件探しをするのはかなり大変なことなのです。そうなるとやはり頼りにせざるを得ないのが不動産屋さんです。良い不動産屋さんを見つけることが、良い物件を見つけるための最優先事項となります。

 

良心的な不動産屋さんは、まずネットで口コミサイトなどでも紹介されていますが、やはりどこに住みたいかというエリアの目星をつけておいて、そしてその駅周辺の不動産屋さんを何軒も訪ねてみるのがもっとも理想的です。例えばネットなどでの賃貸物件検索を行なっている不動産屋さんは大手も含めてかなりの数にのぼります。ですが、実際にネット検索で好条件の物件を見つけたとしてもそれはただのおとり物件ということも良くあることなのです。

 

ですから、物件探しの基本は数多くの不動産屋さんをあたって親身になってくれる会社を探すようにしましょう。またそれと同時に自分の足で気になっている駅周辺を歩いて、空き部屋や賃貸の看板が出ているアパートやマンションなどを探すという方法もとても役立ちます。

 

とにかく、まずは不動産屋さん探し、そして自分でも歩いて物件を探して、外観や立地が気にいる物件が入居者募集の看板を掲げていたらすぐに連絡を取り部屋を見せてもらうという二本立てで好条件の物件を見つけるようにしましょう。

 

また時期に関しても2月や3月というのは4月の新年度で新しい生活を始める人が多い時期には物件が少なくなるので状況を決めた時点で早めに物件探しを始めることをおすすめします。

電力自由化は本当に特か否か?

2016年より始まった電力小売り化で高かった電気代も電力自由化により安く済ませれる…とお考えの人もいるかもしれませんがそうとも限りません。
デメリットも少なからず存在しています。

~メリット~

料金が安くなるのに加え特典を付けることで安い以外の恩恵を受けれる様にしたりしています。

 

楽天ポイントやTポイント等電気を使ったらその分ポイントを付属したり携帯電話やパソコン等も格安で買えるセット割を用意したりと電力事業 に参加した各社はいろんな特典を付ける事で新規顧客獲得に向けておりただ電気が使える以外は割高な今の電力会社に残る旨味はない…と思いでしょうか。

実はそうとも限りません。

~デメリット~

一方でお金ではないデメリットが出てきます。それは「技術力(対応力)」

 

電力自由化と言ってもまだまだお世話になっている家庭も多いであろう各県の大手の電力会社は電気代は電力自由化の今から見ると高いですが高い分発電設備の補修等の技術力は長く続けてきただけあり災害時等の緊急事態でも即座に対応出来る様になっていますが新規参入した電力会社はそう簡単にはいきません。

 

技術もですが設備も追いついていなかったりと大災害や停電が起きた場合、大手に比べると即座には動けないでしょう。
培った技術だけはそう簡単に買える物ではありません。

 

電力自由化で選択肢が増えた反面今までの電気会社がどれだけありがたかったかと再認識させられる事が増えました。

 

このメリットとデメリットを見て目の前の格安の電気料金を取るか高くてもその分見合った技術力を持っている今の電気会社を選ぶか…今一度考え直すと良いでしょう。

電気料金を安くするためにできることとは?

最近は電力自由化という事で、様々な電力提供業者が出てきています。

すでに利用しているサービスやよく使うサービスのある会社であれば、電力もそこにまとめることでより大きな得が生まれることがあります。

そのようにメリットがはっきりしていればよいのですが、なかなか一番安い電力会社を選ぶというところまで踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。

 

そのような方は今の状態でどれだけ安くできるかという事を先に考えてみましょう。

そのうえで、電力会社を変えるという事を検討していけばよいのです。できること、やりやすいことからすぐスタートするのが節約のコツです。

 

特に電力会社を変えることで得をするといわれているのは電気の利用が多い方です。

比較的少ない方は、今の状態でも安くすることが出来る場合があります。

 

まずはアンペア数を確認してみましょう。アンペア数が高くなればなるほど、電気の基本料金は高くなっています。そのため、それほど使用していないという場合はアンペア数を下げることで基本料金を下げることが可能な場合もあるのです。

 

一度に多くの部屋でエアコンをつけているなどという状況でなければ、30アンペア程度でもそれほど意識せずに暮らせます。

家族の少ない方などは、必要以上にアンペア数が高くなっていないかをチェックしてみましょう。多すぎる場合はアンペア数を下げたいと電力会社に連絡すればよいのです。

 

まずはこうした形で節約をしてみて、それから電力会社を変えることを検討してみましょう。

宅配クリーニングを利用するメリットについて

クリーニングしたい服がたくさん溜まってしまったけれど近くにクリーニング屋さんがない、クリーニングに出す手間を少しでも省きたい、そんな願望を持っている女性には便利で簡単な宅配クリーニングの利用がおすすめです。

 

宅配クリーニングならばクリーニングした服を集荷してもらい、後は業者に送るだけでOKです。その後、クリーニングを終えたら滞りなくまた自宅へと届けてくれます。つまり、依頼する側はただ単にクリーニングに出したい服を梱包するだけの手間で、クリーニングすることができます。

 

宅配クリーニング最大のメリットはその手軽さであり、かさばる服をわざわざ持ち運びする必要がない点です。ですので、外へ出るのが面倒だったり、あまりにも量が多かったりなどするときは、宅配クリーニングがとても楽です。

 

また、宅配クリーニングサービスの中には、シーズンオフになってしまった服を長期間預かってくれる保管サービスもあります。これはアパートなどの賃貸に服を保管する十分なスペースがない場合、思いのほか役立ってくれます。だいたいの場合半年から9か月くらいまで預かってくれますので、シーズンオフでクリーニング出したらその次のシーズンまで預かってもらうと自宅のスペースを服が圧迫しなくて済みます。

 

そして、もちろん仕上がりについてもあれこれ業者ごとにこだわっていますので、品質についても信頼できます。ですので、宅配クリーニングなら満足のいくクリーニングをしてもらえます。

車検に通らない場合はどうしたらいいのか

修理をしないと車検に通らないという場合には修理をすべきなのか、修理をせずに車自体を買い替えてしまうのかに迷うことは多いでしょう。

特にある程度以上の修理代がかかるような場合には車検にかかる費用がそれにプラスされてしまうことから、買い替えをする費用との比較をどうしてもしてしまいます。

 

日本における車の買い替えサイクルは7年から10年程度といわれています。

そしてその買い替えのタイミングも車検を契機にして買い替えを考える場合が多いようです。たとえば、車検を通してすぐに買い替えする人はあまりいないでしょう。

 

車の排気量などでも違いますが、一般に車検にかかる費用は車の整備点検だけではなく、強制賠償保険代や税金関係が一緒に徴収されますからかなり高いものになってしまいます。

それに修理などが必要な場合には合計するとかなり費用が高くなる場合もあります。

 

しかし、考えてみれば、車を買い替えた場合にも強制賠償保険代や税金関係は必要となりますから、実際には修理代と車の点検整備代が必要なだけで、修理代がそれほど高くなければ車検を通すのも一考です。

 

ただし、車の修理というものはぶつけた修理などではその場所だけの修理で済みますが、ある個所が故障や消耗して修理が必要な場合にはその場所を直したとしても、あとからどんどんその関連した場所が故障してしまうということはよくあることです。

そうなると修理代はどんどんかさんでしまいます。ある程度消耗しての故障なら買い替えの方を選ぶのが賢明です。

初めてのパソコン購入時にお勧めのタイプは…

初めてパソコンを買ってみようかなと思われた女性の皆さん。
おそらくどのパソコンを買ったら良いのかと悩まれることでしょう。
デスクトップPCやらノートPCと言われても、チンプンカンプンの人もいるかもしれませんね。

 

パソコンには大まかに分けて2種類のタイプがあります。
ひとつはデスクトップPC。
机の上に固定して使う様に設計されたパソコンのことです。
以前のデスクトップタイプはとにかく大きくて場所を取りました。
しかし最近はスリム省スペースを意識したタイプも増えてきています。

 

価格はノートPCよりも安いことが多いと思います。
それなので安くパソコンデビューをしてみたい方にはお勧め。
ただパソコンを置く場所を確保することが必要です。
それと持ち運びができません。
家の色々な場所でインターネットをしたい方には不向きですね。

 

もうひとつはノートPCです。
こちらは本体とキーボード、液晶画面がワンセットになっているタイプ。
充電してバッテリーで起動するので、外に持ち運ぶなんてことも出来ます。
デスクトップPCとは違い軽い設計なので、家の中での移動も楽々可能だったりもします。
ベッドの上でも使えるわけですから、便利だなぁと思う方が多いはず。

 

普段はプリンターをリビングに置いておいて、いつもは自分の部屋でインターネットを楽しむ。
年賀状や写真の印刷をしたい時だけ、リビングにノートPCを持っていって接続。
そして印刷をする。
みたいな使い方も良いかもしれませんよ。
置き場所もそんなに困ることは無いでしょうし、充電しておけば停電になったとしても使えます。

 

まずは簡単なことだけをパソコンで楽しみたいのであれば、とりあえずノートPCを購入してみてみたらいかがでしょうか?

パーツ選びで広がる可能性!BTOパソコンのメリット

BTOパソコンを購入する一番のメリットは、自分の好みの構成でパソコンが組めることです。

メーカー製のパソコンの場合、CPUやメモリ、グラフィックボードなどの主要パーツはあらかじめ決められており購入時点で変更することができません。

 

既成のスペックに満足していれば何の問題もありませんが、本格的なゲーム用途に使用するなど特定の目的がある場合はスペック不足の可能性があります。

 

特に美しいグラフィックを売り物にするオンラインゲームの場合、高性能のグラフィックボードを積んだパソコンを用意しないと最高レベルのグラフィックでゲームをプレイすることができません。

メーカー製パソコンで高性能のグラフィックボードを標準搭載している機種はほとんどありませんから、オンラインゲーム目的で購入するとなるとメーカー製パソコンではスペック不足になってしまいます。

 

BTOパソコンなら、好きなパーツを自由に組み合わせてパソコンをくみ上げることができますから高性能のグラフィックボードを搭載させることができます。

逆にそれほど保存容量がいらなければHDDの容量を少ないものにして価格を抑えることもできますし、将来の拡張を見越して大型のケースを選んだり大容量の電源を選ぶこともできます。

 

お仕着せのスペックではなく、自分の希望通りのパソコンが選べるのがBTOパソコンのメリットです。

ショップ側で動作確認もしてもらえますから、自作パソコンでありがちな起動トラブルの心配もいりません。