電力自由化は本当に特か否か?

2016年より始まった電力小売り化で高かった電気代も電力自由化により安く済ませれる…とお考えの人もいるかもしれませんがそうとも限りません。
デメリットも少なからず存在しています。

~メリット~

料金が安くなるのに加え特典を付けることで安い以外の恩恵を受けれる様にしたりしています。

 

楽天ポイントやTポイント等電気を使ったらその分ポイントを付属したり携帯電話やパソコン等も格安で買えるセット割を用意したりと電力事業 に参加した各社はいろんな特典を付ける事で新規顧客獲得に向けておりただ電気が使える以外は割高な今の電力会社に残る旨味はない…と思いでしょうか。

実はそうとも限りません。

~デメリット~

一方でお金ではないデメリットが出てきます。それは「技術力(対応力)」

 

電力自由化と言ってもまだまだお世話になっている家庭も多いであろう各県の大手の電力会社は電気代は電力自由化の今から見ると高いですが高い分発電設備の補修等の技術力は長く続けてきただけあり災害時等の緊急事態でも即座に対応出来る様になっていますが新規参入した電力会社はそう簡単にはいきません。

 

技術もですが設備も追いついていなかったりと大災害や停電が起きた場合、大手に比べると即座には動けないでしょう。
培った技術だけはそう簡単に買える物ではありません。

 

電力自由化で選択肢が増えた反面今までの電気会社がどれだけありがたかったかと再認識させられる事が増えました。

 

このメリットとデメリットを見て目の前の格安の電気料金を取るか高くてもその分見合った技術力を持っている今の電気会社を選ぶか…今一度考え直すと良いでしょう。