仮想通貨のネムとは。

仮想通貨の一種であるネムは、2015年に公開されました。ネムはローマ字表記にするとNEMと表され、New Economy Movementの略になります。

 

意味としては、「新しい経済に革新を与える物」という意味になります。

仮想通貨の中でも画期的なプロジェクトになっています。また、ネムは仮想通貨の中の時価総額ランキングでも10位以内に入るくらい投資家に人気の仮想通貨の一種ですとなっています。ネムの開発者の中に、日本人も関わっているということもあり、今後日本でもメジャーになると見込まれています。

 

仮想通貨単位は、ビットコインであればBTCと英語の頭文字を取りますが、ネムの場合は頭文字を取ったNEMではなく、XEMという単位になっています。ここは大きな違いの1つでなのかもしれません。

 

そして、ネムの総発行数量は全体8,999,999,999XEMとなっています。既に現段階でネムは発行されていますので、投資家の約1,600人に均等に分けられています。すなわち、ビットコインのようなマイニング(採掘)という概念がないのです。

 

仮想通貨においてビットコインのマイニングは、資金力がある投資家が基本的に有利と言われていますが、ネムの場合、一定の投資家に偏らないよう、アルゴリズムというものが採用されています。それをPoIと言い、残高や、取引実績からスコアリング化されます。ネムを使い、多くの取引をされている方が、恩恵を多くもらえる仕組みなのです。

 

ネムのマイニングの概念は、ハーベスティング(収穫)と呼ばれていて、悪意のあるユーザーには使用できないようになっています。すなわちセキュリティの高さも実証されているのです。全体的な評価からみても高く、これからより使いやすく安全性の高い仮想通貨としてネムは注目されていくことでしょう。

2017年一躍時の人となった仮想通貨ライトコインとは何なのか?

ライトコインは、Charlie Lee氏が開発し2011年に公開された仮想通貨です。
仮想通貨の中でビットコイン、イーサリアム、リップルについで第4位の時価総額を持っています。

 

ビットコインを模倣して作られたと言われています。
基本的なシステムはビットコインと似ていますがビットコインとは違う特徴もあります。

 

ライトコインはビットコインの数倍のコインを発行しています。
ビットコインが21000なのに対してライトコインは84000です。
この事からも分かるようにライトコインはビットコインよりコインを発掘しやすい仮想通貨だと言えます。

 

そしてライトコインとビットコインの決定的な違いは、決済スピードの違いです。
ビットコインが数十分かかるのに対してライトコインは2分前後の決済が可能です。

ライトコインの価格はどうか?というとここ数年は目立った動きをみせていませんでしたが2017年に入って急騰しています。

 

その原因はSegWitです。
SegWitとは仮想通貨の取引処理能力を大幅にアップさせる技術のことです。
SegWitはビットコインの取引処理能力不足(決済スピードの遅さ)を改善する切り札と見られています。
そしてビットコインは、SegWitを採用することを検討しているようです。
そのビットコインの動きに先駆けてライトコインがSegWitを採用するのではないかという情報がライトコインの価格を急騰させている原因のようです。

 

そして今現在ライトコインのSegWit導入を決める投票が75%の支持を集めているようです。SegWitの導入は決定的と見られています。

皆さんが知りたいライトコインは今買いなのか?買いじゃないのか?ですが私は自信を持って買いだと思います。
2017年は、ライトコインから目を離すと後悔すると思います。

イーサリアムとビットコインの違いについて

イーサリアムは、今話題のビットコインと同様に、仮想通貨のひとつとして取引されているものです。
仮想通貨を取引されている方は、まずはビットコインから始められる場合が多いかと思いますが、そうした中でイーサリアムにも興味を持つ方もいるでしょう。

 

しかし、イーサリアムと言ってもよく分からず、ビットコインと何が違うのかという疑問を抱かれるのでなないでしょうか。
そこで、今回は、イーサリアムとビットコインの違いについて紹介するので、参考にして下さい。

 

イーサリアムは、基本的にはビットコインと同様の仮想通貨として、取引所を通じて買ったり売ったりすることができます。
しかし、その中で一つ大きな違いがあります。
それは、スマートコントラクトという機能が付加されているというものです。

 

スマートコントラクトというのは、イーサリアムの売買に関するすべてのデータが全自動で保存される機能の事です。
例えば、誰から誰にいくら分の取引がいつ行われたかというようなデータが、全て正確に記録されていきます。
これにより、ビットコインで発生した不正取引などのリスクを抑えることができるのです。

 

イーサリアムを通じたすべての取引が記録されることで、不正の入る余地をなくし、クリーンな仮想通貨を生み出したということです。
イーサリアムが持つこの特徴は、イーサリアム自身がこれから普及していくうえでも強みになるものでしょう。

 

ですから、イーサリアムに興味がある方は、積極的に取引してみてはいかがでしょうか。
イーサリアムを取り扱っている取引所には、大手企業が出資していて透明性の高いbitflyerがあり、オススメですよ!