仮想通貨のネムとは。

仮想通貨の一種であるネムは、2015年に公開されました。ネムはローマ字表記にするとNEMと表され、New Economy Movementの略になります。

 

意味としては、「新しい経済に革新を与える物」という意味になります。

仮想通貨の中でも画期的なプロジェクトになっています。また、ネムは仮想通貨の中の時価総額ランキングでも10位以内に入るくらい投資家に人気の仮想通貨の一種ですとなっています。ネムの開発者の中に、日本人も関わっているということもあり、今後日本でもメジャーになると見込まれています。

 

仮想通貨単位は、ビットコインであればBTCと英語の頭文字を取りますが、ネムの場合は頭文字を取ったNEMではなく、XEMという単位になっています。ここは大きな違いの1つでなのかもしれません。

 

そして、ネムの総発行数量は全体8,999,999,999XEMとなっています。既に現段階でネムは発行されていますので、投資家の約1,600人に均等に分けられています。すなわち、ビットコインのようなマイニング(採掘)という概念がないのです。

 

仮想通貨においてビットコインのマイニングは、資金力がある投資家が基本的に有利と言われていますが、ネムの場合、一定の投資家に偏らないよう、アルゴリズムというものが採用されています。それをPoIと言い、残高や、取引実績からスコアリング化されます。ネムを使い、多くの取引をされている方が、恩恵を多くもらえる仕組みなのです。

 

ネムのマイニングの概念は、ハーベスティング(収穫)と呼ばれていて、悪意のあるユーザーには使用できないようになっています。すなわちセキュリティの高さも実証されているのです。全体的な評価からみても高く、これからより使いやすく安全性の高い仮想通貨としてネムは注目されていくことでしょう。